コレステロールは日々の食事によって変化します

コレステロールは、日々の食事によって変化します。一般的な知識として、血中コレステロールが多くなりすぎると、病気へのリスクが上昇します。食事を工夫したり、適度な運動を習慣づけることで、コレステロールをコントロールしようとする人がいます。コレステロールを上げない食事をするためには、食材として野菜や果物、鰯や秋刀魚などの青魚などがいいとされています。こういった食材を使って料理をすることで、コレステロールをコントロールすることができるといいます。和食中心の献立を、心がけるといいと言われています。ごはん、サバの味噌煮、冷ややっこ、野菜の煮物、味噌汁、果物といったメニューはコレステロール値が高めの人にはぴったりです。いきなり血糖値が上がらないように、白いご飯よりは雑穀米の方が適しているといいます。よほどの和食好きでなければ、時々は和食でないメニューのほうがいいと思うのではないでしょうか。洋食は、脂質が多くなりがちですが、コレステロール面を考えた洋風の食事をつくることは不可能ではありません。高カロリーの食事にならないような洋食をつくるためには、煮物や、蒸した料理を中心にすると効果があります。食材も、アサリやアジ、高野豆腐を使っていたとしても、白ワインやコンソメを活用することで、和食以外の食事をすることが可能です。コレステロールのことばかり考えて食事をしていると、食べる楽しみが減衰してしまいます。2週間や1カ月に1回くらいのペースで、食べたいものを中心にした食事メニューを組み立ててもいいでしょう。インターネットなどでも、コレステロールを下げる食事レシピが紹介されていますので、活用してみましょう。