30代で転職をすることは難しい面もある

30代で転職をすることは難しい面もあるかもしれませんが、方向性さえ間違えなければ、十分に成功の目は期待できます。30代で転職を成功させるためには、何をすればいいでしょう。これまで蓄積してきた技術やスキルを自己PRに生かすことが、30代の転職活動のコツです。自分ができること、今までの実績などをわかりやすくまとめて、自分の強みとして相手に伝えます。営業の人ならどのくらいの売り上げがあったのかなど内容が分かりやすいものであればあるほど効果があります。自分だけでこれをしたということができないかもしれませんが、チームを組んでこういうものをつくったというものがあればそれで十分です。チームの業績を伝えた上で、その中で自分の担当していた部分を言うようにしましょう。ただし、企業秘密を他者に漏らすことのないような配慮が必要になります。胸を張って語れる業績ばかりではないということもあります。うまくいかなかったことがあったにしろ、それをどうプラスに転じたかで自己PRになります。長く働きてきた分20代よりもさまざまな経験を積み重ねてきていることが30代の強みです。積み重ねてた年齢ぶんの結果を自己アピールに転化することができれば、30代になってからの転職もうまくいくでしょう。